ホーム > 病院指標

病院指標

病院指標とは

 DPC対象病院において、DPCデータをもとに、厚生労働省が定めた全国統一の定義と形式、集計条件に基づいて作成された、急性期の医療の質を客観的に評価するための指標です。診療内容の透明化・改善の促進、DPCデータの精度向上を目的に、医療機関自ら作成し、市民向けに情報公開が進められています。

DPC対象病院・DPCデータとは

 DPC対象病院は、「診断群分類包括支払制度」対象病院のことです。入院医療費の計算は、入院治療の中心となった(最も医療資源を投入した)傷病名とその治療内容の組み合わせにより決定される診断群分類ごとの1日当たりの定額点数(包括部分)と手術・リハビリ等の出来高部分の点数を合算して計算する制度となっております。
 厚生労働省が定めた一定の基準を満たす急性期医療を提供する病院が対象となり、当院は平成30年4月1日よりDPC対象病院となりました。DPC対象病院では、全国統一の定義と形式により患者ごとに匿名化した診療情報=DPCデータを作成し、定期的に厚生労働省に提出しています。

指標の主な集計条件

  • ○対象年度における退院患者(DPC対象病床入院患者が対象)

    当院にはDPC対象病床の他、地域包括ケア病床、障害者病床があります。病院指標は主に急性期医療を行うDPC対象病床へ入院された患者さんが対象となります。内視鏡治療等の内科的な予定入院、眼科手術入院や在宅・介護施設療養中の緊急受け入れ入院において地域包括ケア病床に入院された患者さんは対象外となります。従って、当院の診療内容の全てを表すものでないことをご理解願います。
    健康保険証を使用しない患者(自賠責保険・労災保険適用等)も対象外です。
  • ○集計結果が10症例未満の場合は非表示「-(ハイフン)」とします。

病院指標 WEBページ