平成29年度 豊栄病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 0 12 21 30 41 94 198 298 387 189
当院は地域の中核病院として、急性期から慢性期まで幅広い医療を提供しております。近年では、地域の高齢化が進み、平成29年度の退院患者さんのうち60歳以上の患者さんの占める割合が8割を超えております。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
当院は平成29年度においてDPC準備病院であったため、平成29年度診断群分類別患者数のデータ集計はしておりません。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 5 4 0 3 4 11 1 6,7
大腸癌 5 9 11 6 11 84 1 6,7
乳癌 0 2 1 1 0 7 1 6,7
肺癌 0 0 2 6 3 0 1 6,7
肝癌 1 4 7 1 1 15 1 6,7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
5大癌(胃癌、大腸癌、乳癌、肺癌、肝癌)の患者さんについて、初発のステージ別・再発に分け、集計した表になります。当院では、大腸癌がもっとも多く、次いで、肝癌、胃癌4、肺癌、乳癌の順となっております。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 4 7.5 54.75
中等症 55 34.24 86.51
重症 7 45.86 83.29
超重症 11 41.82 87.55
不明 0 0 0
当院では、中等度の患者さんが最も多く、成人市中肺炎の患者のうち7割以上を占めております。軽症患者さんについては平均在院日数が短い傾向にありますが、中等度から超重症まで平均在院日数が格段に伸び、平均年齢も80歳を超えております。高齢者において肺炎が重症化し、入院日数も長くなることがうかがえます。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 13 61.46 83.77 0
その他 3 41 88 0
当院では脳梗塞を発症してから3日以内に入院される患者さんが全体の8割を占めております。患者さんの年齢構成は80歳以上がほとんどで、高齢化が顕著に表れています。また、転院率は低く、当院で継続的に治療している患者さんが多い傾向です。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 11 3.18 10.45 0 76.55
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 10 3.00 31.70 0 82.50
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 10 1.70 2.60 0 65.90
K6871 内視鏡的乳頭切除術(乳頭括約筋切開のみのもの) 7 7.57 6.57 0 69.86
K654 内視鏡的消化管止血術 6 3.17 23.83 0 74.333
内科では、消化器分野において、内視鏡下での手術が多くを占めております。開腹手術と異なり、患者さんの負担が少なく、入院期間も短縮することが出来ます。上位5位までの術式において、転院率は低く、当院での治療を継続する傾向が強いです。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 鼠径ヘルニア手術 52 0.96 3.40 0 66.9
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 21 1.10 3.62 0 60.76
K7193 結腸切除術(全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術) 18 4.39 14.11 0 70.50
K7434 痔核手術(脱肛を含む)(根治手術) 18 2.06 5.06 0 71.17
K7182 虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴うもの) 12 1.83 9.67 0 47.58
外科では、鼠径ヘルニア手術が最も多く、平均術後日数も3.40日と、短期間で退院する患者さんがほとんどです。次いで、腹腔鏡下胆嚢摘出術、結腸切除術、痔核手術、虫垂切除術の順となっております。いずれの手術においても転院率は低く、当院で継続して治療している患者さんが多いです。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨、上腕、大腿) 26 2.35 39.58 11.54 86.35
K0811 人工骨頭挿入術(肩、股) 16 3.38 58.75 18.75 80.38
K0821 人工関節置換術(肩、股、膝) 16 3.56 38.69 6.25 74.75
K0462 骨折観血的手術(前腕、下腿、手舟状骨) 8 1.50 10.63 0 72.63
K0271 筋炎手術(腸腰筋、殿筋、大腿筋) 3 11 143.33 33.33 84.67
整形外科では、大腿骨の骨折に対する骨折観血的手術が最も多くなっております。次いで、膝の人工骨頭挿入術が多く、人工関節置換術の順となっております。全体的に、高齢化に伴い増加傾向にある関節疾患や骨折を中心とした診療を行っております。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 0 0
異なる 0 0
180010 敗血症 同一 7 0.55
異なる 5 0.39
180035 その他の真菌感染症 同一 0 0
異なる 0 0
180040 手術・処置等の合併症 同一 7 0.55
異なる 0 0
こちらの表では当院における「播種性血管内凝固症候群」、「敗血症」、「その他の真菌感染症」、「手術・処置等の合併症」の発生率を表しています。入院契機の「同一」というのは、ある病気の治療を目的として入院し、その病気に対して主の治療を行ったことに成ります。「異なる」というのは、ある病気の治療を目的として入院したが、別な病気を併発していた、もしくは入院中に別な病気を発症した場合、その病気の治療が主となることを言います。
当院では、敗血症の件数が6割を占め、手術・処置等の合併症については、入院契機と同一となっております。
更新履歴